国内最高齢18歳のアムールトラ死ぬ、札幌の円山動物園

札幌市の円山動物園は10日、飼育していた雌のアムールトラ「アイ」が死んだと発表した。アムールトラでは国内最高齢の18歳だった。悪性の乳腺腫瘍が原因とみられる。 円山動物園によると、2002年にドイツの動物園で誕生。04年に円山動物園に迎えられた。昨年に腹部に腫瘍が見つかったが、完全に取り除くのは難しいと判断し、投薬治療を続けてきた。12月下旬から食欲が大きく低下していた。 加藤修園長は「最後まで力 …
(Orginal – Story lesen…)