大川小判決、原告ら報告会「命守る備えにつなげて」

東日本大震災で児童74人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小の津波避難訴訟で、県と市に損害賠償を命じた仙台高裁判決が2019年に確定したことを受け、原告らが21日、仙台市で報告会を開いた。遺族らは「判決が命を守る備えにつながってほしい」と訴えた。報告会はオンラインも含め約200人が参加。長女の未捺さん(当時9)を亡くした只野英昭さんがあいさつに立ち、「子どもたちが自らの命をかけて問題を …
(Orginal – Story lesen…)